Lism -ビアンのふたりごと-

楽しさ、追求中。

イコール

 

私たちが此処に居る理由

 

 

世間ではLGBTという言葉の認知度が急増。

実態を伴わない理解が進行しているのではないか、と感じる今日この頃。

 

というのも、

LGBTの定義は知っている。

 

しかし、

「どんな人たちなの?」

そう聞かれると、当たり前にステレオタイプを口にする。

マスコミの先導力の強さを目の当たりにする瞬間です。

 

 

 

 

それでは当事者がお応え致しましょう。

 

結局のところ なにも変わらないんです。

あなたも

わたしも

わたしたちも。

 

だって思うんです。

わたしはLGBTだから、というよりも

わたしはわたしだから

 

惹かれたのが女性だった、

というよりも、

あの子だから惹かれた

 

ほら、なにも変わりない。

当たり前に恋愛をして、

当たり前に今日を生きる。

 

 

だってみんなSOGIだから。

 

 

まだまだ認知度が低いこの言葉。

10年後にはどうなっているのでしょうか…

 

結局のところ、

マイノリティである所以はマイノリティであるという自覚、それだけでしょうか。

 

 

だからこそ 発信をしていこう、そう決めたふたりです。

いまを目一杯 楽しむために。

 

Lism/maai