Lism -ビアンのふたりごと-

楽しさ、追求中。

台湾イチバンのり。

 

 

 

5月24日台湾にて同性婚実現に向けて大きな一歩が。

 

 

司法の潔い程の決断に、

多数決の原理が及ばない世界がそこには在って。

 

 

アジアでは初となる 異例の判断とでもいいましょうか。

依然保守的なアジア諸国からすると、

驚きのNEWSのひとつだったのではないでしょうか。

少なくとも、閉鎖的な教育業界に身を投じている自分としては。

 

 

さすがリベラリズムのお国ですね。

 

 

同性婚が認められるということ。

先人たちの 並々ならぬ努力の成果でしょう。

 

 

 

 

 

いつかの誰かのために。

 

 

 

 

 

 

と言っても、Lismのふたりには まだまだ先のお話し。

 

だって私たち・・・

※決して宣伝ではございません※

 

 

といっても、現実他のアジア諸国がこの動きに追従するかと言われれば、NOと応えざるを得ないところもあって。

宗教上踏み込めない領域でもありますからね。

なによりも民族観に帰属する。

 

自分は自分、そう言えたらいいけれど、

バックグラウンドはいつも付いて回る

いつ なんどきも。

 

いつ生を授かったのか、

どこに生を授かったのか、

時代・文化・社会情勢、切っても切り離せないもの。

 

 

合法であると国が認めるということは、

(今回の件に関しては司法が先行しましたが)

権利が当たり前に行使される、

と同時に義務を果たさなければならなくなるということ。

 

 

この重責が理解できるでしょうか。

 

 

 

 

 

とはいえ、アジアの一国である日本にとっても此処が

大きな 大きな一歩になることは 紛れもない事実で。

 

(ということで、数日前に自分で物議を醸したレインボーフラッグを掲げてみます)

 

 

続々と更新されていく記事を読みながら感じたことは、

 

ネガティブな感情に苛まれたり、

攻撃の的ともなったり、

我々には計り知れないほどの軌跡があるのだろう・・・

 

 

 

けれども、

 

自分の信念に向かって突き動かされているときって、我々人間という生物は どうしようもなく充実感を得られる。

 

 

 

それって、楽しい きっと。

だから今日も また。

人間の力強さが たまらなく好き

 

Lism/maai