Lism -ビアンのふたりごと-

楽しさ、追求中。

LINEスタンプ発売までの軌跡、第一弾。

 

昨日は台湾における同性婚に向けての

大きな一歩について述べました。

先人たちの軌跡に思いを馳せて

と、いうことで!!

我々の軌跡も遺して参りたいと思います。

 

 

 

 

たまらなく楽しいことがしたい衝動に駆られたある日。

 

 

 

maai「ねえねえ、LINEスタンプ作らない?」

 

RITZ「おー、いいんじゃない!!」

 

maai「しかもさ、需要全くないやつ。

なにやってんのこのふたり、的なさ。」

 

RITZ「なにそれ、面白い!!!!」

 

 

ふたりごと 「じゃ、やるか(にやり)」

 

 

maai「どうせやるならさ、誰よりも速く、ね。」

 

RITZ「とーぜんっっっ!!!!!!」

 

 

チームフレッシュ(久しぶり)、

そこからが速いんです。

もうね、思い立ったらすぐ実現したいんですもん。

 

ふたりがダイスキな雪山でも、ほらコレ。

面白そうなら、なんでもやる

当然カラダはってます。

マイナス10度を超えても負けない・・・

衝動性の高さを物語っておりますね。

そこがどこであろうが、

面白いことがだいすきなRITZと、

楽しいことがだいすきなmaaiは、

やってみようか・・・

となるわけです、ハイ。

 

早朝出発の雪山バリの速度で。

※雪山へ向かうときの我々の準備の速さは異常、もはや神業※

 

 

 

 

ということで、

LINEスタンプ企画、始動!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

maai「で、なにすればいいんだ??」

 

 

すべてはここからはじまった。

 

Lism/maai