Lism -ビアンのふたりごと-

楽しさ、追求中。

アメブロオフ会、再び。

 

そこにある幸せを。

 

置き去りにできるわけなんてなくって。

 

だから、また向かうんだ。

 

 

――――――――――――>>>――

 

あの日の全貌。

4時間教育オフ会のあとは、

急遽開催、6時間アメブロオフ会へ。

 

先日、尊敬するM先輩(M = ミクロ)のお店が間もなく閉店されるという正式発表がありました。粋な不審電話の記事を数日前に読み、やってみたい、その衝動に駆られて、でも東京離れてるし今…の葛藤の中。オフ会のため帰京。

 

 

 

だったらやるしかないよね。

 

それならば、今しかないよね。

 

 

 

なーんて脳内作戦会議をしていたときに、

タイミングの良すぎる お誘い が。

 

Tさん「一緒に不審者ごっこしない?」

 

ん、アレ、違うな、笑

改め、

Tさん「一緒にM氏のお店行かない?」

 

そう、青い炎のようなTさんから。

分かります?この表現。

メラメラしているわけではないけれど、

熱いの、熱過ぎるものをもっているの。

 

 

 

迷わず快諾。

不審者がふたり揃うって、うん、面白い。

ってことでどっちが電話するー?なんて会話をしながら、結局取り合い、笑。結論、ふたりともかければいいんじゃない!ってね。

 

予約電話も律儀に終え、

向かう途中に目に留まったんだ。

 

キミを相棒に決めた。

 

 

アフタヌーンティ会の後だから本当はこんなのをイメージしていたけれど、うーん、でも、M先輩は違うよな、と。これじゃあ、Pちゃんへの贈り物になっちゃう!笑

 

道中で愛すべき姐さんたちに報告も忘れずに。

すると…

B姐「えー!!面白いことになりそ!!」

(この時点ではまだ気付かず。)

 

B姐「何時に着く?」

(えーっと、1時間もあれば。)

 

B姐「妹と逢いたかったな、脱出なう、笑」

(え、ええ!!居たの!!)

 

てことは、だ。

不審者は計4人、うん、面白過ぎる。

 

昼の部終焉から一足遅れて到着。

2回訪問したら友だちになれるらしい。

あ、でもmaaiはもう家族って言われてたっけ、そういえば。

 

ふたりで計画・実行した(結局4人で)

「今日お店やってますか」作戦

これは 成功ってことで、いいかな!(にやり)

 

 

 

M氏「え、ほんとにたまたまなの?」

 

(うなずくT&maai→NEWバディ結成、祝!)

 

M氏「でもTちん、ひとりで来るタイプじゃないよね。」

 

(うっわ、そーゆーとこ鋭い、M先輩。)

 

M氏「ま、maaiは普通にひとりで来そうだけどな。」

 

(短期間でどれだけ見抜いてるの、もう。)

 

なにはともあれ、おめでとーう!!!

あれ、M先輩とmaaiお揃い…なの(←おい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ↓(にやり。)


ひまわりの花言葉をご存知ですか。

それがあの日のすべて。

Lism/maai