Lism -ビアンのふたりごと-

楽しさ、追求中。

長電話の定義。

 

昨日は立ち話の定義を考えたので、

本日は長電話の定義を考えてみました。

 

長電話長時間、電話で話すこと

何分以上が長電話に該当するのか。

10分以上、これが一般的な数値だそうです。

(え、短くないですか、←)

maaiと同じセリフを口にした方、

きっと少なくはないはず!

 

ちなみに、

現在3分というのも1つの基準らしい。

無料通話の境界線、笑

 

でも今って、SkypeやらLINEなど

つながる手段も多種多様

日常的にSkypeを利用しているため、時間を気にしたことなんて正直なかったmaaiさん。

RITZとの電話は、わりと用件だけ的確に伝え合うことが多いかな。長電話になる前に会っちゃうもんね、にやり。

 

長電話といえば、お互い休憩時間目一杯かな。

懐かしき昼休み電話、笑

 

そして昨晩は、スイカのあの子と長電話。

遠距離だからかな(あ、これまた誤解生むパターン)朝までコース。お互い何かあったときには電話しちゃう。移動時間飲み会の合間、もちろん帰宅後朝までも。

 

時間じゃなくて、どれだけ語り合えるかが大切。そう思わせてくれる大切なヒト。

 

なによりも思うのは、この歳になってからも

長電話ができる相手が居るって幸せだよね。

キミの声が聞きたいから。

Lism/maai