Lism -ビアンのふたりごと-

楽しさ、追求中。

Lの世界のカテゴライズ

 

"L"GBT

そこには更なるカテゴライズが存在します。

SO:女性、GI:女性

そこにも更にカテゴライズが存在します。

 

スペクトラムという言葉に反して、本日はそのカテゴライズを2軸でご説明しましょう。

L:レズビアンは、

スタイルセクシャリティの2軸でさらにカテゴライズされます。

"L":スタイル(縦軸)

・フェムさん

→ ”Femme” つまり、誰が見ても女性と判断できる外見、女性的容姿で女性的ファッションを好む人のこと。

 

・中性さん

→ フェムさんとボイさんの中間層。生物学上の性別が判断しづらい外見、女性的ファッション・男性的ファッションどちらも着こなす人のこと。

 

・ボイさん

→ ”boyish” つまり、男性と判断され得る外見、男性的容姿で男性的ファッションを好む人のこと。

 

"L":セクシャリティ(横軸)

・ネコさん

→ いざって時にリードされる側、受け派

※身体接触時を指す場合もあります

 

・リバさん

→ どちらにもなり得るオールマイティさん。

 

・タチさん

→ いざって時にリードする側、攻め派

 

 

以上が一般的なカテゴライズ。

つまり、

四象限で表すことができるわけですね。

そして中間に位置するのが、

スタイル:中性

セクシャリティ:リバ

 

以上をまとめますと、

Lの世界のカテゴライズは、

・フェムネコさん

・フェムリバさん

・フェムタチさん

・中性ネコさん

・中性リバさん

・中性タチさん

・ボイネコさん

・ボイリバさん

・ボイタチさん

と、なるわけです。

 

ハイ、それではLの世界へようこそ。

実際にご自身をカテゴライズしてみましょう。

の前に、Lismのふたりからいってみますか!

(我々カラダ張りますよ、笑)

■RITZ

SO:女性、GI:女性

スポーツ系ファッションが多いので、

スタイルはボイさん。

基本的にはフォワードなので、

セクシャリティはタチさん。

つまり、カテゴライズは「ボイタチ」

(中性でもイケる爽やかさ!!←)

■maai

SO:女性、GI:女性

まさに原点: ( x , y ) = ( 0 , 0 )

フェムでも、ボイでも、中性でもない。

タチでもなく、ネコでもなく、リバでもない。

無所属、というかフリースタイル

なんかコレがしっくりきたりする。

RITZからもよく言われるんですよね、

ホントにどこにも属さないよねって。

いや、属せないよね、が適切でしょうか。

イメージ図はこんな感じかしら。

といっても非常に分かりにくいので(←)

身体を張った以上、モデリングを兼ねまして、私maai、自分自身をムリにでもカテゴライズしてみます。

 

■maai(再挑戦)

基本的にパンツスタイルですが

女性的ファッションですので、

スタイルはフェムさん。

キスは自分からしたい派なので、

セクシャリティはタチ寄りかな。

カテゴライズは「フェムリバタチ寄り」

(ハイ、あくまで予想です、スミマセン←)

そうなんです、

”寄り”というグレーゾンも存在するのです。

使い方は上記で理解していただけたかと。

 

【スタイル】

これって、結局自分がどう在りたいのか。

相手好みに合わせる人も居るから、

やっぱり恋ってスゴイ。

 

セクシャリティ

リードしたいか、リードされたいか。

それじゃあ、いまいちシックリこなくって。

エスコートしたいか、されたいか。

うん、イイね!

さりげなく車道側を歩く、

さりげなく扉を開ける、

さりげなく手をひく、

さりげなく気遣いができる、

そんな強いやさしさが溢れたのがタチさん、ということでどうでしょうか(←)

 

 

Lismのふたりは勢い余って

早朝からこんなこともしてみました↓

≪ふたりの好きな芸能人もカテゴライズ!≫

 

エントリーナンバー①

柴咲コウ(推薦者:RITZ)

うん、分かる分かる!安定の美しさ。

 

エントリーナンバー②

竹内結子(推薦者:maai)

屈託なく笑うヒト、だいすき(←)

 

注:あくまでふたりの妄想です

もし"L"ならば、完全にフェムさん

Lismのふたり的にはバリタチさん

(つまり、図の右上にカテゴライズ)

これは妄想、というよりもはや願望(←)

ついでにLの姐さんたちにもアンケート、笑。

その結果、年上の姐さん方は後期の竹内結子ネコ寄り!と盤上一致。なるほど、年代別にも受ける印象は変わるのかもしれないですね。

 

結論:

RITZもmaaiもキレイめお姉さんがスキ

 

少しだけ、Lの世界のカテゴライズのイメージがつかめてきましたかね。(いや、全く。そんなツッコミが聞こえ…以下省略。)

 

ということで、分かりやすさを追求するべく、

ゲストをお迎えしております。いきますよ。

美人女優ふたりを凌駕するこの方。

(完全にもらい事故過ぎて謝罪。←)

 

■M先輩

イケメンファッションが多いので、ボイさん。

ミクロだから(←)、バリタチさん。

カテゴライズは「ボイバリタチ」

(我々は尊敬の意を込めてイケタチさんとも呼んでおります。※A姐さんお借りしまっす!)

 

そうそう、”バリ”というグレーゾンに反した、白黒ハッキリゾーンも存在するのです。

極端にどちらかに偏る場合には、この語句をつけて表現します。

 

スタイルもセクシャリティも固定されるものという認識よりも、パートナーによって変化し得るもの自己認識により変化し得るもの、なんですよね。やっぱり恋って魔法だね。

オフ会やイベントに参加するための第一歩が、今回ご紹介したカテゴライズ。

カテゴライズは賛否両論あるけれど、

出逢うための準備運動みたいなものかな。

 

あなたのはじめのいっぽに。

Lism/maai