Lism -ビアンのふたりごと-

楽しさ、追求中。

勇者と魔法使い。

 

あるところに勇者がいました。

自由奔放、何事も突き進むのみ。

怖いもの知らずがたまにキズ。

勇者は気まぐれなので、神出鬼没。

行きたいところには行ってみる。

やりたいことはやってみる。

当然、したくないことはしない。←

 

回復アイテムはスイーツ

勇者は甘いものが大好き。

もちろん、自分にも甘いよね。←

 

そんな勇者が、守りに入ったときがあった。

 

 

 

「似合わないね」

そんな声が聞こえた。

 

 

 

「勇者は勇者らしく進めばいいんじゃん」

それができたら苦労しない。

 

 

 

「何度でも回復してあげるからさ、私魔法使いだから」

涙がこぼれそうになった。

 

 

 

あの頃を思い出して笑みがこぼれた。

いい意味で自由。

だけど協調性の欠片もなくって、

そしてなにより鋭かったよね。

 

今はどっちかっていうと、反権威的だけど。

あの頃は間違いなく、反社会的だったな。

そんな勇者を飼い慣らすんだから、凄いよ。

期末テストを同時にふたり分提出しちゃう

あなたは、やっぱり魔法使いだと思うんだ。

 

勇者は魔法使いが居るから

迷いなく進めるんだよ。

 

これからも私専属の魔法使いで居てね。

ありがとう、あのときからずっと。

 

私はHPなんて気にしない勇者で居よう。

Lism/maai