Lism -ビアンのふたりごと-

楽しさ、追求中。

好きだと感じる瞬間って?

 

とあるブロガーさんに感化され、

私たちも考えてみることにしました。

 

 

好きと思う瞬間はいつ?

 

好きって思うときはどんなとき?

 

好きだと感じる瞬間って?

 

 

様々なシーンで、胸が高鳴る。

日常のなかに、安心感を得られる。

 

10分に1回の頻度で想いを馳せるヒトがいて、

毎日、毎秒、想うヒトもいる。

 

2分負けたと想い合うふたりもいる。

 

そもそも好きとは何だろうか。

イロイロなカタチがあっていい。

 

 

 

 

 

じゃあ、Lismのふたりのカタチとは。

 

お互いを好きだと感じる瞬間、

自分の想像なんて軽く超えていくとき

 

世の中は大抵自分たちが思っている通りにしか動かない。だから、すべてが想像の範疇に過ぎない。そんな私たちに高揚感が付随するのは、自分自身の予想を超えられたとき、そんなときに凄いなこの人。ヒトとして好きだな、そう感じられる。

 

 

お互いを想うのはどんなとき、

いつも想うわけじゃないけれど、一度考え出したら抜け出せない

 

だから、頻度でいうと低いよね。けれど、一度スイッチが入ると一晩は抜け出せない。頭のなか、お互いでいっぱい。どうしたら楽しさという尺度で世界を測れるのか、その軸にどうお互いを乗せられるのか、そればっかり。

だって、キミが楽しければ私も楽しいから。

 

 

好きとは何か、好きの定義なんて、

そんな難しいことは分からないけれど、

どんなところが好きなんだろう、

そう考えた時点で惹かれているということ

 

大丈夫、そう考えたあなたは、あの子のことが好き。あなたはあの子に、あの子もあなたに惹かれている。maaiはRITZに、RITZもmaaiに存在意義を見出しているのと一緒だね。

 

 

だ手を離すことのないように、

ちがうな、RITZとは手を繋いだことはない。

 

繋がなくとも並走できることをお互いが知っているから、だから今も一緒に居るんだ。

 

きょうもだいすき。

Lism/maai