Lism -ビアンのふたりごと-

楽しさ、追求中。

とあるカップルさんに逢ってきた。

 

先週、とあるカップルさんに逢ってきました。

もうね、勝手にふたりのファン、笑。

{75572113-D6CF-42B7-8CC4-5E2AA8DD0975}

待ち合わせにmaaiを挟み込むところも。

 

対面4人掛けテーブルで、

迷いなく両サイドに座ろうとするところも。

 

キャリーを持っても我介せずなところも。

 

もはや全部がツボのカップルさんです、笑。

 

▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷▷

 

「早く電話かけて」と促すmaai、

 

すかさず座席変更を促すmaai、

 

もはや自分でキャリーを持ってみるmaai、

 

上記から分かるよう、絶賛要支援中です、笑。

 

◁◁◁◁◁◁◁◁◁◁◁◁◁◁◁◁◁◁◁◁

 

ではココで問題です。

「maaiの最大のミスはなんでしょうか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

カノジョがいないところ!!!」

(いやいや、それはミスではない件。←)

 

 

 

 

 

 

 

 

ファンすぎるところ!!!」

(いや、それもミスではないはずだ。←)

 

 

 

 

 

 

 

 

ミスなんてない。」

(きました、素晴らしき回答。ザンネン、でも今回ばかりはそれがミス!←)

 

 

 

 

 

 

 

 

支援しすぎなところ!!!」

(お、いいところにいきましたね。←)

 

そう、ふたりのニーズを把握しないままに突き進んでしまうmaai(恋愛初心者、もはや片想いに恋愛中)だって、ふたりが好き過ぎるんだもん。勝手に応援したくなるパターンなのです。

 

 

左のカノジョさん、

顔がスキ。(ハイ出た、このパターン、笑)

 

右のカノジョさん、

頭がよくてスキ。(間違いない!←)

 

 

誤解が生じそうなので、訂正しようかな

 

左のカノジョさん、

・顔スキ。(ハイ、正解でしょうか、笑)

▷何を隠そう、とーっても可愛い。顔はもちろん、その存在がね、かわいさの代名詞のような方なんです。いや、ホントお世辞抜きに!

 

右のカノジョさん、

・頭がよいところスキ。(ハイ、正解。)

▷言葉のやりとりのなかで知識差を感じることのない貴重な存在。論理的な思考力と処理速度の速さには、否応なしに惹かれてしまう!

 

 

▷▷▷感性豊かな左のカノジョさんと、The・理論派の右のカノジョさんのこの組み合わせ、maaiはこのふたりのやりとりが、もう大好き。視覚処理タイプ(本人は聴覚優位を主張)と、完全聴覚処理タイプのふたりは対極的なトコロにいるようで、お互い言語に長けるため、実にナチュラルな関わり合いを繰り広げるんです。

 

今まで処理過程が一致する組み合わせを崇拝してきたmaaiにとっては、イイ意味で新鮮で。

(そしてなにより、ふたりが好き!笑)

 

 

理論派が場を先導していくのは世の常。

右のカノジョさんも例外なく。

テンポ感凄まじい会話も、理詰めなのに突然裏から飛び込んでくる瞬間も、全部が全部、魅力的。私たち理論派が展開するめんどくさい意味付けベースの会話。いつだって主導権を握るのは自分だとさえ思っている私たち(←)。

 

 

◁◁◁でもね、maaiは知っているんだ。

 

その会話に相槌を打つ左のカノジョさんのポテンシャルの高さと、その対応力の凄さを。そして、主導権はいつだって左のカノジョさんの手のなかにあることを、にやり。

 

理論派たちの想像の範疇を軽く超えていく、斜め上からの回答がふとした瞬間に舞い降りる。理論派たちは新しい感情に支配される。結局、感覚派に心を揺さぶられる私たち。理論派たちはこの揺さぶられている新規の状況に戸惑いながら、同時に高揚感が付随することに気付く。

(文字化してみると、実にめんどくさい思考回路。きっと、右のカノジョさんだけが、コッソリこれを読んで、頷いてくれるはず。←)

{73300C19-BE9B-4329-8ADB-730A23BDBC39}

さんにんで並んで歩く新宿の街。
カップルさん歓迎ムードに、幸せいっぱい
(あ、でもコレ、maaiお邪魔なやつだ、笑。)
 
 
それでは、理論派たちのめんどくさい高尚な頭のなかを、少しだけ覗いてみましょうか。
 

「迎えに来て」

(理論派:その裏にある、逢いたいという意図を読み取ることは得意技。)

 

 

 

「今近くにいるんだけど・・・」

(理論派:その裏にある、逢いたいという意図を読み取ることも得意技。)

 

 

 

「今日シゴト早く終わりそうなの」

(理論派:その裏にある、逢いたいという意図を読み取ることだって得意技。)

 
 
 
「あいたい」
(理論派:え、急にどうした、大丈夫なの、と、急にテンパる私たち。)
 
 
 
そんな会話を聞いていた、左のカノジョさん。
あいたいは、あいたいんだよ?
 
 
理論派ふたり「ハイ?」
 
 
そんなに意図を読み取ろうとするのにさ、あいたいって言ったことの意図は読み取らないの?
 
 
理論派ふたり「・・・・・」
 
 
 
うん、これが斜め上からの舞い降り方。
この瞬間に、私たち理論派は、気付きを得る。
 
その言葉の裏にある真意が知りたい
だから、常に全力で理由を探す
 
 
好きというキモチに敏感だからこそ。

あの日あのとき、あの場所に居合わせたこと、

巡り合わせに、ありがとうを。

 

最後に、右の理論派カノジョさんの名言で

本日は締め括りたいと思います。

本気のすきだけは直接的表現が適切なんだ

 

私たちはそれを本能レベルで知っている

Lism/maai