Lism -ビアンのふたりごと-

楽しさ、追求中。

Re:Re:ななかげつ記念日。

 
ふたりの軌跡。
メロディを紡ぎはじめてから、ななかげつ。
「7」という魅力的な数字に肖って、
お互いの好きなところつあげてみた。
(やっぱりさ、なんだかカップルみたい!爆)
 
RITZからの愛のメロディにmaaiが彩りを。
 
1.賢い
▷これが一番にくるあたりがmaaiの扱いが上手、さすが誰もが認める右腕。賢さの方向性を間違わないのはいつだってRITZのおかげ。
 
2.フットワークが軽い
▷同じ速度で進めば自然とそうなるんだ。ちがうな、自然と同じ速度で進んでいたら、足取りが軽快だっただけ。
 
3.自由にさせてくれる
▷お互いに自立した関係だからこそ、成り立つ私たち。ふたりとも自由で居たいだけ、そこから生まれる絶妙な距離感。
 
4.必ず意見を聞いてくれる
▷聞いているようで聞いてもらっている、そんな日常。感覚レベルで共有できるからこそ、耳を傾けることさえ楽しめる。
 
5.人との距離をすぐ縮められる
▷信頼されるヒトよりも、信頼するヒトになりたい、そんなmaaiのひとりごと。ヒトとの関わりのなかで世界が拡がる瞬間、ふいに笑顔を見せるRITZがいるから、適材適所だよね。
 
6.がうまい
▷これは某Mセンパイからもお墨付き!そしてこれ、maaiだけじゃなくRITZもね!だからふたりで奏でたくなるんだ。自分たちの魅力を分かっているふたりのオールマイティさ。
 
7.雪山がすき
▷いつだって楽しさを併せもてるのは、楽しさの尺度が同じだから。楽しさがドコに在るのかを、本能レベルで感じ取る。
 
8.お金に余裕がある
▷ねえねえ、某N姐さんに笑われてるよ??そしてこれが7を超えた先にあるのが最大のツボ。まさに、オトナの掟だね。
 
結局のところ、
永遠にお互いを褒め合い続けられるふたり。
ユーたち、もう付き合っちゃいなよ(笑
と、竹内結子のすっぴんしゃん、より。
 
 
右側にはmaaiが居て、
 
左側には楽しさが在る。
{A7C430EB-CA2B-43BE-A214-83A178C05547}
不協和音さえ心地良いのなら。
Lism/maai