Lism -ビアンのふたりごと-

楽しさ、追求中。

第2回*ゆきあそび*

 

*ゆきあそび*

といえば、RITZとmaaiで決まりでしょう!

第2回ゆきあそびのゲレンデは、

【小海リエックス・スキーバレー】

いつものエリア長野県北部はあいにくの天候のため、低気圧から逃げながら、晴天ゲレンデを選択。実はふたりも、初めてのゲレンデ!

 

ということで、予想通り寝る時間無しの、

集合時間:am3時

(ところが事件:maaiが仮眠から戻って来ず)

そうだ、冬のはじめのえんそくだった!笑。

 

ということでam4時半、無事に出発。

と、同時にお寝坊maaiが昼食担当に決定、笑。

とりあえず、車内ふたりオフ会、笑。

会話は止まらず、ふたりのドライブはいつだって音楽要らず!リズムなのにね!←うまい。

 

早朝といえど、向かう先は恋人のところ

(注意:RITZのNEWキャッチフレーズ参照)

なので、ドキドキが止まらない(←)

とりあえず、朝からムダにRITZがイケタチ感ハンパなかったので、爽やかなその横顔写真を遺しておくことにしてみよう、笑。

 

そんなこんなで、渋滞にも全くつかまらず、アッという間にノンストップで現地に到着

そして、早朝板紛失事件の犯人も無事に見つかり、リフトが動き出す30分も前にゲレンデに飛び出すふたり。元気いっぱい!笑。

 

だって、そこに雪があるから

 

 

朝一のリフト待ちも混雑は無し

 

 

それでは、雪と戯れに参りましょう。

 

 

雪質:やや硬めだが、大方良好。

混雑:朝一バーンはガラガラ

風:とにかく強い、強すぎる。

 

ノンストップトレーニングの幕開け。

休憩:リフトの上。(←定番)

 

と同時に、ブログの更新(やばい手が凍る←)

写真を撮るのも躊躇うぐらいの強風が続く。

それでも強風なんかに敗けない!

(↑主にmaai、笑。)

 

ちなみにRITZは既にデート中なので(雪山と)私maaiが話掛ける余地など無し。

ふたりの唯一の交流はリフトの上。

雪質・コース状況を話し終えると山頂

ひたすら、この繰り返し、笑。

 

ふたりっきりのリフトだね!そんなあまーい会話は皆無。だって朝一の数本に全力を掛けているの、私たち。まっさらなゲレンデに自分のシュプールを引き、リフトの上から評価するこの楽しみは、朝一ピステでしか味わえない。

ということで、山頂に降り立ったらば、そこからリフト乗り場までは、自分時間のスタート。

 

雪を本気で口説きにいく時間です!(真剣)

つまり、リフトの上では、

いかに口説き落としたかの語り合い、爆。

トレーニング開始1時間、

リフトの混雑状況待ち時間無し

 

回転率はだいぶお早い、その分ゲレンデが掘り込まれるのもお早いというわけで。さらにピッチをあげていくことを決意。

グラトリで遊んでいるとスキーヤーmaaiに置いて行かれることを学んだRITZは最近カービングを練習してくれているとのこと!

 

ふふふ、愛されてるな!自分!照。

スキーヤーと行動を共にしていることもあり、RITZの動きは周囲のボーダーさんより遥かに速い。ストレッチレベルの待ち時間だけ。

 

ふふふ、やっぱり愛され(以下省略、照)

そうそう、このゲレンデ!

一般道の上をリフトが通っていくんですよ、衝撃を受けた!なにこれ、楽しいね!にやり。

 

トレーニング開始2時間、

リフトの混雑状況2~3分程度

(大型スクールが行動開始)

よって、ゲレンデはだいぶ混雑模様

 

じゃあ、あがりますか!(にやり)

こういうタイミングがズレないところ、毎度のことながら、やっぱりかたわれだなーと思うわけですよ。キミこそが、唯一無二の存在。

 

青空もキレイだけれど、

それ以上にキミの笑顔に見入ってしまう。

(注意:ふたりに交際の事実はごさいません)

この日も、思う存分雪山と触れ合い、

幸せいっぱいのふたり。

 

ゆきやまがだいすき・楽しいことがだいすき、

そんなふたりと行く*ゆきあそび*

第3回の開催は今週の土曜日

詳細▷https://ameblo.jp/lism-r-m/entry-12339876788.html

そこに雪が在る限り、私たちは追い求める。

Lism/RITZ & maai.