Lism -RITZとmaaiのふたりごと-

楽しさ、追求中。

10/25【LGBT×教育】学習会のご案内!

 

Lismのふたりより、

*久しぶりのお知らせはコチラ*

━━━━━━━━━━━━━━━━━

知らないのと、知ろうとしないのは、
根本的に異なるモノである。
歩み寄れる存在に、ワタシたちはなりたい。
我々も、まだまだ学ぶこと、だらけ。
どうぞご一緒に、いかがですか!(お誘い、笑


今回のメイン・コンセプトは、
【先入観のフェイディング】
急がず、あせらず、自分のペースで一歩ずつ、
ココから拡がる学びを、大切に。


学びのきっかけはLismから。
 
 ・


・・


・・・


・・・・*


すべての子どもたちの未来のために。


当事者だからこそ。


あったらいいな、


あったらよかったな、


それをカタチに。


 *・・・・・・・・・・・・


LGBT当事者と語る・知る・学ぶ、
第12回【 LGBT×教育 】学習会決定!

f:id:lism-r-m:20191006210651j:image

教育の未来を、いま一度、考えてみませんか。
知ることの先にいったい何があるのだろうか!


━━━━━━━━━━━━━━━━━▶︎▶︎▶︎

テーマ:
教育機関におけるLGBT児への配慮と支援」


■ 開催日時:10月25日(金)19:00-21:00.
18:45〜 受付開始

19:00~ LGBT10分講座

19:15~ 講師による話題提供

GID児教育の現場と課題:担当・心理士

多様性について考える機会に致しましょう!

20:15~ グループセッション(予定)
・青空学習会に引き続き、多様なテーマでセッションを開催!ご自身の興味のあるテーマを選択したうえでセッションに参加していただきます:担当・Lism教育部


■ 開催場所:渋谷区ワーキングスペース
お申し込みいただいた方には、
改めて詳細をお送り致します。
▷いつもの会場にリターンズいたします!


■ 参加費:無料
各自ドリンク代500円が必要と
なりますので、ご了承ください。
▷また、別途資料代として
100円いただきます(学生の方は不要)。


■ 参加条件: 
『 子どもにつながるすべての方 』

 

LGBT当事者さんはもちろん、教育関係者さん、教育に興味のある学生さん、LGBTの子をもつ親御さん、当事者さんもそうでない方も、子どもの発達に携わる方は、現職問わず、どなたでもご参加いただけます。
※当会はLGBT研究者さん大歓迎です※


LGBT×教育とは?


LGBTAQI当事者たちが主体となってこれからの教育について考える会です。


様々な視点からLGBT児への支援・配慮を考えることで実践へつなげます。


・常に学ぶことを楽しむ方が集まる会です。


・お一人でご参加される方がほとんどなので、お気軽にご参加いただける、はずです。←


途中入退場OKですので、それぞれのライフスタイルに合わせてご参加ください。お仕事のあとにいらっしゃる先生方が多数です、ご遠慮なくお入りください。


・学生の方も、もちろんご参加いただけます、現場の先生や同じテーマに取り組む研究者さんとつながる良い機会に、ご活用ください。


・LGBTAIQ、教育に携わる方、また興味のある方であれば、どなたでもご参加いただけます。


━━━━━━━━━━━━━━━

*過去の学習会テーマ一覧はコチラ*
━━━━━━━━━━━━━━━
①:LGBT児への支援と配慮を考える
②:LGBT教育~LGBTとは・恋愛とは・カミングアウトとは~
③:LGBT教育の実践報告
④:パートナーシップ制度の現状と課題
⑤:LGBTAオールセッション
⑥:LGBTAIQ交流会
⑦:コミュニティ形成〜L編
⑧:LGBT教育を考える〜青空学習会
⑨:コミュニティ形成〜地理学的G編
⑩:教育における多職種連携の在り方
⑪:マイノリティ理解の現場〜青空学習会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━f:id:lism-r-m:20191006210657j:image

◇◆◇お申し込みはこちらから◇◆◇
【LGBT×教育】第12回学習会 2019年10月25日(東京都) - こくちーずプロ

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


Lism教育部、Lゼミサポーターズは、
学びの楽しさを共有したい、
そんな仲間たちを、今期も大募集中です!
・━━━━━━━━━━━━━━━━・

【今回は、ふたり揃ってお出迎え致します】f:id:lism-r-m:20191006210654j:image

◁【コーディネーター:maai】
専門領域:特別支援教育認知心理学
幼児期~成人期までの発達支援に携わっております。教員研修担当のアウトプッター。


【ヘルプスタッフ:RITZ】▷
正真正銘maaiの右腕。
教育のみらいに希望を抱く、誰よりもアツイLismのかたわれ。全体サポートを務めます。


当学習会に関するご質問・お問い合わせは、
Mail:education.care.off@gmail.comf:id:lism-r-m:20191006210703j:image

学びの楽しさを、ぜひご一緒に!

知的好奇心は充してあげるに限るのである。
ココからはじまる、学びの追求。


Lism/ RITZ & maai.

Lism一周年記念:ふたりの素顔

 

世界を 楽しさという尺度で 測りたい、

Lism

〜RITZとmaaiのふたりごと

 

今日もまた、楽しさとともに。

 

左手にはmaai、右手には楽しさを、

右手にはRITZ、左手には楽しさを、

 

大切なものは抱えすぎるくらいが、

私たちには、ちょうどいい。

 

 

 

たったひとりに、届きますように。

 

Lism/ RITZ & maai.

ブログ移行のお知らせ

 

いつもはてなブログに遊びに来て下さるみなさま、ありがとうございます。

Lism-リズム-ブログは2018年1月を持ちまして、

アメブロ移行させていただきます。

https://ameblo.jp/lism-r-m

(引き続きLism企画等はお知らせいたします!)

f:id:lism-r-m:20180131103227j:plain

たったひとりのために、

私たちふたりは今日も楽しさを追い求める。

Lism/RITZ & maai.

2018.02.10-12.(三連休)は、ゆきあそび~東北遠征編~開催決定!

 

さてさて、続きましてのLism企画は!

全国のゲレンデ(デート)マップを作るべく!

第5回ゆ〜きあそびは、東北遠征で決まりー!

 

↓気になる遠征ラインナップはこちら↓

―・―・――――――――――――――――
○1days, 2018.02.10(sat.)
ゆきあそび
・アフターゲレンデ
・温泉を攻略
・Lismグッズ製作を予定
 
○2days, 2018.02.11(sun.)
ゆきあそび
・アフターゲレンデ
・風情を学ぶ
・こっそりイベント企画中!
 
○3days, 2018.02.12(mon.)
・深夜のかまくら作り
ゆきあそび
・アフターゲレンデ

2月の三連休といえば、通説によると最も雪山にヒトが集まる日。ならば!我等は3日間行こうじゃないか!(単日参加も大歓迎です!)

―――――・―・――――――――――――

○ふたりは東北エリアのゲレンデに出没

 

もちろん、ゲレンデ山頂合流も大歓迎!笑

―――――――――・―・――――――――

○遠征費用は、完全実費のみ!

 

・交通費(現地までの往復新幹線代、別途ガソリン代+高速代は参加人数で割ります

・リフト代(各日4000円程度)

・アフターゲレンデ代(飲食代は自費負担)

都内から遠征の場合には宿泊施設は無料提供

―――――――――――――・―・――――

○参加条件:

 

ゆきやまをしてやまないヒト
 
しいことが大好きなヒト。
 
・毎日21時就寝を厳守できるヒト!笑
 
・早朝4時出発ができるヒト←
 
(現地合流の方は上記に該当しなくてもOK)

――――――――――――――――・―・―

○ゆきあそび遠征へ参加希望者さんは、

お名前(ハンドルネーム)

ゆきあそび(スキー or スノーボード

好きなタイプ柴咲コウ or 竹内結子

お好きなゲレンデ(もしくはエリア)

を明記の上、以下のアドレスにご連絡下さい!

 

Mail:sports.de.com@gmail.com

(Lismスポーツ部RITZとmaai直通)

雪と戯れ尽くそう、ともに。

Lism/maai

【祝】Lゼミ一周年!

 
Lism-リズム-
が、Re:スタートラインに立つそのずっと前、この世界の同職者さんとつながりたい、そんな想いを胸に、教育関係者が集う会を提案し、開催したんだっけ。今でこそ『Lゼミ』という名前があるけれど、当時はただ同職者が集う会。それこそ見通しなんてなかったけれど、あの瞬間があったからこそ、今が在る。
 
はじめの一歩から今日まで、絶えず成長し続けられたのは、愛すべき仲間たちのおかげ!
 
【祝】Lゼミ一周年!!!
大切に大切に育ててきた会が、とうとう1歳の誕生日を迎えました!(盛大な拍手を!)
 
 
純粋な想いだけで突き進んでいたあの頃、
 
模索に模索を重ねたあのときも、
 
少しだけ戦略的になった瞬間にも、
 
真に楽しさを見出した今だって、
 
いつもとなりに居たマイナス一期生たち。
 
 
記念すべきこの日に、
それぞれが想いを語ってくれました!
 
参加のきっかけは、自由な雰囲気で教育とセクシュアルマイノリティについて考え、意見を交換しあえる場だと感じたからです。自身が教員をしているセクマイ当事者であるので、関心を持ちました。セクマイに理解や関心を寄せるほかの教育関係の方々と出会えたらいいな、という想いもあり参加しました!
 
月1回の学びの場では、それぞれの角度で教育とLGBTを捉えられている講師の方々の発表を聞くことができたり、実際の事例をもとにグループディスカッションができたりします。毎回充実した学びの機会、楽しみに参加させていただいています!
 
自分にとってLゼミは、居心地のいい空間です。LGBTであることがマイノリティでない空間なので、普段の生活や恋愛について、偽りなく語り合うことができますね!勉強会のときは真面目に、当事者、そうでない方々関係なく、様々な考えをシェアできるのが、楽しいですし勉強になります。
 
仕事に余裕も出てきて、仕事じゃないところでもがんばってみたいなってときに、教育ってキーワードが飛び込んできて、これだと思って参加しました。行ってみたら、普段思っていたこと、感じていたことを共有できて、現場でがんばっているたくさんの人がいるのを知れて、楽しかったんです。
 
そして、学習会に参加するたびに、話すって、聴くって学ぶって楽しいなって思ったんです。自分のことを考えて楽しんでいたはずなのに、結局子どもたちのことばっかり考えてる。子どもたちのために、学びたいなって思ってる。Lゼミは、そんな前向きな気持ちを思い出させてくれる場所です。
 
Lゼミ一周年、おめでとうございます!
第1回目の学習会から毎回参加させていただいて、気づけばひと月に一度の楽しい時間となっていました。
 
Lゼミとの出会いを振り返ってみると…… 私の場合、LGBTについて学ぼう!と思ったわけではありませんでした、笑。Lの教育関係者なんて私以外にいるのだろうか…… いるのなら、会ってみたい!と思ったことがきっかけです。(それだけ現場では何も見えない、見せられない、という状況なのだと思います。)
もちろん、参加者はLに限りません。いろんな人と出会い、学び、話し合う中で、初めて知った!ということも多かったです。LGBTについて私が知っていたのは、Lである私というフィルターを通して見た世界だけ。私以外のLのこと、Gのこと、Bのこと、Tのこと、現場でどのように対応すればよいのかも、実はあんまりよく知らない。当事者、というだけでは現場のニーズに即した十分な支援なんてできない。
学んでこそ、と今は思います。
 
楽しく学ぶうち、Lゼミは私にとって一つの居場所となりました。ふらっと立ち寄り、ホッとできる居場所。知らない人がいても大丈夫。話すも良し、聞くに徹するも良し、とにかく自由な感じが楽だったのかもしれません。
 
今後のLゼミはどのような道を辿るのでしょうか、わくわくします。敷かれたレールの上を進まないだろうことは容易に想像できますが、楽しみにしています。笑
 
ココまできたら、maaiが語る必要なんて
これっぽっちもないでしょう、笑。
 
学びを楽しめるからこそ、
だからこそ私たちはつながった。
マイナス一期生とは、同じ刻を歩む
今までも。
そして、これからも。
うまれてきてくれて、ありがとう。
Lism教育部/maai

2月4日(日)【緊急】ゆきあそび開催決定!

 

お待たせしましたーっ!

2018年)続きましての企画は安定のコチラ▽

第4回ゆ〜きあそび!緊急開催決定!!!

 

▷参加条件:ゆきやまを愛してやまないこと

(ハイ、それだけあれば、もう十分です!)

 

▷日時:2018年2月4日(日)

新宿駅集合、深夜発・日帰り日程を予定)

 

▷目的地:新潟/長野エリアのゲレンデ

(もちろん、現地合流も大歓迎です!)

天候次第で随時変更の可能性あり

 

▷参加費:完全実費のみ!

※内訳:交通費(ガソリン代+高速代を参加人数で割るため、各3000円程度になる予定です)、リフト代(4000円程度)、アフターゲレンデ代(各自昼食代をご用意ください)

 

▷定員:最大6名

(目的地までは車移動となりますので、当日は各自スポーツ保険にご加入ください。)

 

▷ゆきあそび参加希望者さんは、

・お名前(ハンドルネーム)

・ゆきあそび(スキー or スノーボード

・好きなタイプ(柴咲コウ or 竹内結子

・お好きなゲレンデ(もしくはエリア)

をご記入の上、以下のアドレスに送信!!!

 

Mail:sports.de.com@gmail.com

(Lismスポーツ部RITZとmaai直通)

この冬、なにかがはじまるかもしれないね。

Lism/maai

(広辞苑に登場)LGBT:

 

広辞苑の改定に伴い、”LGBT”という語句も辞書の1ページに記載されることとなりました。

そう、ことばは自由だ。

画像は紀伊國屋書店さんwebより拝借

 

広辞苑第7版より~

LGBT:レズビアン・ゲイ・バイセクシャルトランスジェンダーの頭文字)多数派とは異なる性的指向をもつ人々。GLBT

 

なるほど、様々な議論が飛び交っていることにも納得。唱えられた異議の大半は、LGBTは異なることを主張。マスメディアによる情報提供に基づくと、Tは性的指向とは全く関係ないTは性的指向の少数派ではない、と。

 

誤った知識が世論に浸透するのは避けなければならないものの、この記述から歩み寄りを感じずには居られない我々はこの場合、

多数派とは異なる感覚をもつ人々。Lism

に、なるのでしょうか、なーんて。

 

LGBTレズビアン・ゲイ・バイセクシャルトランスジェンダーの頭文字)セクシャルマイノリティ性的少数派の人々

であったのならば、議論は起こらなかったのでしょうか。きっとそれはそれで微妙なニュアンスの違いを指摘されたのではないでしょうか。

 

通例に準えると、”性的少数派”と記載されたはずなのに、何故”性的指向”という語句が採用されたのでしょうか。そこには”SOGIという新しい概念の存在があるのではないでしょうか。しかしながら、広辞苑は社会的定義として引用にも使われる程の、ひとつの尺度ですので、一過性の単語は構成要員にはなれません。つまり、需要の見込まれる単語を選定する必要があった。社会的認知度の高い”LGBT”に”SOGI”の存在も含意させた結果が第7版の記載。

 

そう考えてしまう我々は、きっと少数派。 

ことばは自由なはずなのに、そのことばに捕らわれ、縛られているのは一体誰なのでしょう。

 

異論を唱えることは簡単です。

性的指向を「同性」「異性」ではなく、「女性」「男性」で捉えるからこそ、”SOGI”というコトバが意味を成すのであって、そこには多数派も少数派も存在しない。

どうせならば、生産的なご指摘をして差し上げましょう。異論の唱え方によっては、この記述に”T”の要素が加筆されるだけの修正になる可能性もあります。今この瞬間の異議よりも、何十年、何百年先のみらいのために声を発するほうが、きっとずっと意味が在る。

 

また、定義よりも目を向けるべきは、岩波文庫さんが校閲を通しても尚、社会の認識はその程度であるということです。受け入れ体制が整ったわけではなく、単に耐性ができただけ、社会を過信することなかれ。そして忘れてはならないこと、受容にだって自由があって当たり前。

 

ことばだけは自由なんだと思う。

自由だからこそ、美しく使ってあげようね

たったひとりのために。

Lism/maai