Lism -ビアンのふたりごと-

楽しさ、追求中。

Lism教育部〜学校ってどんなところ?

 

現在、LGBTに関する学習会を企画・運営している私たち。学校教育における当事者への支援と配慮を考えてみよう、ということで、ふたりなりに学びの楽しさを拡大中です。

教育学専攻、専門領域は特別支援教育認知心理学。そんなmaaiがコーディネーターを、そのサポートを右腕RITZが務めております。

 

 

なぜ学校教育にこだわるのか。

 

人格形成の過渡期における発達支援を望む。

 

だからLism教育部は学校教育に重きを。

 

 

そして誰よりも教育の可能性を信じている

誰よりも学びの楽しさを知っている

 

子どもが変わればみらいが変わる。

そのためには教員養成が不可欠。

 

 

たったひとりに届きますように

根底には当事者としてのこの感覚が。

 

目の前にいる子ども全員に届ける必要がある

ベースラインには教員としてのこの感覚が。

 

 

子どもたちに届けること・先生たちに届けること、似ているようで非なるものを、持ち併せた感覚とともに実現する第一歩、いや第二歩目がLGBT×教育】学習会です。

 

では、そんなLismのふたりは、学校にどんなイメージを持っているのでしょうか。

早速ふたりにインタビューしてみました!←

 

▼学校のイメージとは?

RITZ:遊ぶところ!

(うん、なんともRITZらしい自由な回答!)

maai:知識を披露するところ

(うん、なんともmaaiらしい堅実な回答。)

 

好きな教科は?

RITZ:体育

(え、生物じゃないの?!顕微鏡好きだから、てっきり。←完全に固定概念ですね、反省。)

maai:全教科分け隔てなく

(ハイ、きた、教育エリート!笑)

 

学校行事といえば?

RITZ:球技大会

(さすがLismスポーツ部キャプテン!)

maai:運動会

(ハイ、揃ったー!私たちスポーツがだいすきなふたりが、最も目立てる輝ける行事!!!)

 

憧れだった先生の名前は?

RITZ:え、知らん

(いやそこはさ、maai先生とか言っとこ?)

maai:カオリ先生

(今でもツーショット写真はタカラモノ。)

 

 

 

ハイ、どうでもイイ情報、ですよねー!笑

 

言いたいことはですね、私たち、学校キライじゃないよ?ということなんです。

 

多くのセクシャルマイノリティに関する先行研究において、LGBT当事者の半数はいじめにあった経験があると報告されています。多いものでは約8割という数字もあります。よって、不登校・登校拒否につながるケースも少なくない、といわれるわけです。

(先行研究はひとつの指標です故、それにはそれで意味があると理解しております。)

 

つまり、当事者のいじめ経験の有無でいうと、私たちふたりはマイノリティ

 

だって、学校生活は楽しかった記憶ばかり。

(根本的にふたりがポジティブ思考であることもおそらく関与しておりますが)

 

閉鎖的な学校社会においては、オトナである教員さえも息苦しくなることがあるでしょう。ましてや感受性豊かな子どもであれば尚更。

ただね、すべての当事者がそうではないよ、ということなんです。少なくともRITZとmaaiは学校生活もなかなか楽しかったわけで。

つまり、LGBTだからこういう配慮・支援が必要なわけではなくて、一人ひとりに応じた配慮と支援を考える必要がある

 

それを実践的に学ぶ場、それがLism教育部。

そして、楽しさを追求するふたりによる、

発想の転換と、本質を見抜く力をかけ算し、

今のカタチができあがりました。

 

次回の学びの時間は、

2017.10.20.19:00-21:00@SHIBUYA.

https://ameblo.jp/lism-r-m/entry-12315620118.html

 

ありのままに、そのままに。

Lism/maai

満席御礼!枠拡大!

 

今週末に迫りました【LGBT×教育】学習会。

 

第4回目となります今回は、このふたりが再びタッグを組みお届けいたします。

 

 

Teacher-Seiji研究界 期待の有望株)& Teacher-maai(Lism教育部コーディネーター)による、2回目となるコラボレーション。

 

教育をベースに据えながら、地理学からのアプローチと特別支援からのアプローチを融合させる。(https://ameblo.jp/lism-r-m/entry-12318308936.html

 

あなたもぜひその立会い人に。

 

{F82B8210-C349-4D7C-A161-6FB164AC27BF}


そして満席御礼!ありがとうございます。


キャンセル待ちもありましたため、昨晩RITZと相談し参加者枠を拡大させていただきました。学習会の進行上、これ以上の増席はございませんのでご了承ください。
 

4th LGBT × Education Seminar.

■ 2017.10.20 (Fri) 19:00-21:00

■ TOKYO-SHIBUYA.

■ Free (Drink ¥500 + Text ¥100)

知ることが一番の近道に。

Lism/maai

RITZとmaaiの週末、続編。

 

大切にしているRITZとの時間。

先日語りましたのは、ただのふたりの関係性!

そういえば、週末の話を全くしてなかったな、と深く反省、笑。

 

ということで、改めまして(というか、こっちが本番。)奇跡の再会の日のふたりについて語るとしましょう。大変お待たせしました、笑

RITZと逢う日はとりあえずお互いの近況報告からスタート。

 

「すごい人に遭ったんだよねー」

 

「見てよ、この写真!!!」

 

「最近、こんな楽しいことあったよー」

 

「面白いことあったんだけど、聞いて!」

 

「コレ凄いの、知ってる?」

 

繰り出されるのは最高に楽しい話題たち。

話が尽きないテーマのオンパレードに、いつもの如く恋愛トークは後回し、笑。といっても、特に披露するネタもないmaaiさん、爆。だって、「どうせいつものだろ?」で終わる。一言で十分。「変わりないよ!」で終わりです。

 

ただね、教育においては(←もはや職業病でスミマセン、笑)変化を求めること・新しいスキルを獲得することに非常に重きが置かれているものの、maaiはですね、当たり前のことを当たり前に積み重ねることこそ重要だと思うんです。関係性でいうと、距離感が縮まったとか、共感できたとか、そこが重要とされがちですが、変わらぬ関係を続けることだって、同じくらい大切なこと。

 

だから、「変わりないよ」その報告だって、

maaiにとっては成長だったりします。

 

ついつい変化を期待しちゃうけれど、今の関係を続ける、それもひとつの成長と捉えていいんじゃないかな。そして、焦っていた自分が余裕を取り戻せる、ほらね、これが変化。ふたりの関係の変化の前に、自分の変化も楽しんでみるのはどうかしら。きっと楽しいよ。

 

幸せにしてあげたい、そうだね。

幸せはなるもの、なのかもしれないよ。

一緒に幸せになれたらもっといいね。

 

って、これじゃあひとりごとですね、笑。

(だって、RITZと逢った後は、覚醒高いの。)

(え、相変わらずブレすぎだって?)

改めまして、決して疲れていたわけではなくって!笑いすぎて結果的にこうなったってパターンですからご心配なく、にやり。

 

 

一通り喋り倒した後は、ミーティング開始

 

「この前のアレ、見て」

 

「うん、最高だわ」

 

「こんな楽しいことをしたいよね」

 

「つぎはコレに挑戦したい」

 

細かいことは抜き。

面白そうか否か、判断基準はそこだけ。

と、いうことで、maai持ち込み来年度プロジェクトは無事に軌道にのせられそうです。企画者はmaaiとRITZ、(あれ、いつもと順番逆じゃん!と思ったあなたはLismブロガーに認定!)ふたりは至って大マジメ。ふたりだからできること、ふたりにしかできないことを、ね!

 

そして、やっぱり今の旬はアレ

もう、この話になったらアタック方法を考え続けるふたり。そんな時間が堪らなく愛しいね。

お酒が美味しいのはRITZがとなりにいるから。

きっとそうだと思う。

 

ミーティングの後は、みらいを語る

社会情勢、移り変わるライフスタイル、社会保障と我々が利用できるもの、法制度の変遷、自己の存在意義、アイデンティティの確立、そして教育・医療・福祉への影響、そこにどうアプローチの余地があるのか。これ全部、ベースラインにLGBTを敷き詰めて語らう。

 

そんな週末、二丁目某所。

他を寄せ付けない勢いで語るというふたりが、まさに目に浮かびますね、笑。

 

根っからのゲームマスター気質なmaaiに対して、RITZはゲームプレイヤー的資質も兼ね備えてるんだよね。クリエイティブなmaaiと、楽しさに忠実なRITZ。だからふたりで居れば相乗効果しかなくて、どんなゲームでもクリアできる気しかしないんだ。

 

目の前のハードルが高ければ高いほど、

楽しさは増すばかり。

モノクロの世界も、キミがいるなら悪くない。

Lism/maai

春の予報。

 

昨夜、衝撃のRITZデビュー

https://ameblo.jp/lism-r-m/entry-12319584033.html

お立ち会いの皆さま、ありがとうございます。

 

言ってもいいですか?

突然のできごとに、いちばん驚いたのは、

何を隠そうmaai自身です、ハイ。笑

 

これは一夜限りなのか、

はたまた連続シリーズになるのか、

何よりも楽しみにしているのだって、

私maaiではないでしょうか。←

 

いよいよ揃ったね、ただいま

 

 

 

さてさて私ごとですが、春の予報です。

 

{07707216-81E4-4643-B606-093298D57662}

いえ、間違えました。(←おい、笑)

 

の報告をいただきました。

 

いつになっても嬉しいものですね。

ふたりのお祝いは、イチオシの焼肉屋さんを予約すると決めました!(勝手に、笑)

幸せ報告は直接に限りますからー!にやり。

 

幸せのお裾分けの影響なのでしょうか、

道ばたに咲く花さえもハートに見えてきて、

思わずパシャリ。

(え、見えますよね?ハートに!)

 

 
何だか幸せに肖れそうな気がしてなりません。
 
改めて、春の報告を、ありがとう
そして、ふたりに幸あれ!
 
あなたにも、あの子にも、
幸せが訪れますように。
Lism/maai

今を生きる。

 

やさしい夜に奏でるメロディ。

第一夜目の今夜は、

ちょっぴり長めのスタートです。

 

うまく生きていくってことは、

素直なだけではやってけないし、

時にはウソやタテマエが必要なんだと、

オトナになった今 実感してる。

 

でもさ、自分自身を縛り付けて

苦しめるような嘘を

つき続けて生きていきたくはないよなあ。

 

自分には大切な仲間や空間がある。

本当に幸せなこと。

だからこそ、ウソやごまかしで

逃げ続けたくない。

ありのままの自分で居たい、ただそれだけ。

Lism/RITZ

深夜のひとりごと。

 

ブログの配信はmaai担当でしょ。

その固定概念はもう古い。

 

本日いよいよデビュー

 

配信は深夜。

Lism/RITZ & maai.

10月のテーマは!

 
学びの楽しさをともに。
 
LGBT×教育】第4回学習会
Lism教育部、10月のテーマは。
教育機関におけるLGBT児への配慮と支援

引き続きこのテーマで学びを深めましょう。

 

1stステップ:

今回は学校教育という位置づけのなかでセクシャルマイノリティがどう理解されているのか、現状と課題についての報告を行います。教員の理解、そして児童・生徒の理解が如何様なのか、ぜひ聴講しにいらしてください。

 

2ndステップ:

また、先月から導入しているケースフォーミュレーションを用いた事例検討会を引き続き行います。LGBT×教育】学習会には、学校の先生だけではなく、幼稚園・保育園の先生、そして大学機関に所属する学生さん・研究者さん、なにより教育というテーマに興味を持った教育をご専門とされない方もいらっしゃいます。そんなメンバーたちとケース検討を行うということは、現在各方面で注目されている多職種連携と同様の環境がうまれるわけです。多角的な視点で事例にアプローチする楽しさをぜひご堪能いただければ、と思います。

 

3rdステップ:

そしてLism教育部としては珍しいテーマ設定、『パートナーシップ制度』の現状と課題に迫ります。その制度を知るためには、各自治体が発行しているパンフレットや、もちろんweb検索でも情報を得ることができますので、制度自体を学ぶ機会は多いでしょう。

 

現在この制度を導入している自治体は、

・東京都 渋谷区

・東京都 世田谷区

兵庫県 宝塚市

沖縄県 那覇市

三重県 伊賀市

・北海道 札幌市

 

手続き等は各自治体のホームページでご覧いただけます。ですので、制度の内容自体をご説明するわけではございません。(※制度の内容は各自予習を※)制度施行の現状と課題について、最新の調査データとともに報告させていただく予定です。

 

「パートナーシップ制度って同性愛の人が利用できるんだよね」と思っているあなた、”条例”と”要網”という言葉を初めて聞いたあなた、パートナーシップ制度と教育をどうつなげていくのかが気になるあなた、誰もが学びを楽しめるところ、それがLism教育部です。

 

4th LGBT × Education Seminar.

■ 2017.10.20 (Fri) 19:00-21:00

■ TOKYO-SHIBUYA.

■ Free (Drink ¥500 + Text ¥100)

Entry: https://ameblo.jp/lism-r-m/entry-12315620118.html

来週の金曜日は渋谷区にてふたりがお出迎えさせていただきます。
 
【コーディネーター:maai】
幼児期~成人期までの発達支援に携わっております。今回もコーディネーターを務めさせていただきます。
【ヘルプスタッフ:RITZ】
正真正銘maaiの右腕。
悟性に長ける、Lismのかたわれ。
学習会中の全体のサポートを務めます。
 
Maileducation.care.off@gmail.com
(担当・maai迄、お気軽にどうぞ)

学びの楽しさ、発信中。

Lism/maai