Lism -ビアンのふたりごと-

楽しさ、追求中。

マイノリティからソーシャルへ、

 

カテゴライズを越えて。

 

 

SOGIという用語をご存知でしょうか。

Sexual Orientation (性的指向

Gender Identity (性自認)の略称です。

 

LGBTという用語は恐らくご存知でしょう。

一時は流行語に選出されると物議を醸す程に

認知度が急上昇しましたね。

ということで、説明不要でしょうか。

 

 

さて、それではこの2つの違い

性自認性的指向で捉えることで、

その多様性が顕在化するわけです。

LGBTでは性自認であるTと、

性的指向であるLGB

それを一括りに捉えた定義であるため、

一見分かり易いようにみえて、実は捻じれが生じているのです。

 

世界はLGBTである人と、

LGBTでない人に分けられる。

 

結局はカテゴライズされるわけなんですね。

そう、掲げた虹色フラッグのように。

決して虹色を否定したいわけではなく、

ただなんとなく違和感があるだけなんです。

 

明確に分けるのではなく、連続体として捉えよう、考え方はDSM-5改定に基づく障害の捉え方と非常によく似ている。

ところがその、スペクトラム概念はどこへ行ったのでしょうか。

 

いまのLGBTはまさにコレ。

結局は枠組みされている、イロによって。

虹色フラッグを掲げるみなさまは

どう感じていらっしゃるのでしょうか。

実に不思議です。

 

 

一方でSOGIはコレ。

 

つまり、誰もが該当する

セクシャル・マイノリティの問題ではなく、

 

すべての人が、SOGIである。

 

 

そう、世界は私たちが思っている以上にシンプルで。

 

 

Lism/maai