Lism -ビアンのふたりごと-

楽しさ、追求中。

アフタヌーンティ会~優雅な午後のひととき~

 

まず初めに、このブログからつながった

たくさんのご縁に感謝致します。

 

今回の第三回(実は)教育関係者さん向けアフタヌーンティ会、なんと、遠方愛知からご参加の方もいらっしゃいました。静岡、千葉、からお問合せ頂いたおふたりも、次回お逢いできますことを楽しみにしております。

 

そんなmaaiも、この日のために、

5時起き始発の新幹線に飛び乗り帰京です。

近頃なんだかM区進出率高めだね、

なーんて会話を交わしながら。

にしても東京は、溶けそうな暑さですね。

到着。

と同時にチーム一期生合流

このタイミングの良さも、さすがです。

(単に騒がしかったという噂も、←)

 

本日のティー会場はコチラ。

オープンスペースといえども、気にならない。

ラウンジで過ごす、優雅な午後のひととき

ということでスタンバイ完了です。

 

今回は現地集合でしたので、参加者さん待ちの間も非常に楽しめる。というのも、ドレスコード指定はないものの、どんな服装でいらっしゃるのかな、とか、入店時の立ち居振る舞いとか、登場の第一声とか、どのに座るかなとか、もうこれだけで2時間語れる。

専門職ですので一応、職業柄、ね。

 

緊張感に包まれているあの人とか、

いつもよりテンション高めのあの人とか、

全く物怖じしないあの方々とか、

もう、個性が際立つメンバーばかりです。

 

教育関係者さん、改め、子どもの発達に携わる皆様は、やはり取りまとめ上手ですので、私maaiが口を閉ざしていようが、どんどん進行してくれます。これがとっても居心地が良い

 

だってね、オフ会を主催したいわけでも、

幹事をしたいわけでもないんです。

つなぐ役を、コーディネーター役

できたらなって、

ただそう思っているだけなんです。

 

私だけの 光と影。

私たちだけの 光と影。

 

 

今回のメニューはこちら。

いつもより少しだけピシッとした空気感の中、

自己紹介(はじめましてさんもいますので)、

テーマトーク、そんなの設定する必要もなく。

教育”という共通ワード。

それだけで、十分過ぎる程に。

 

 

次々に運ばれてくるスタンドは圧巻。

それでも動くのは手よりも口。

話って尽きないものですね。

 

現場の実態研究の取り組み、開拓したい新領域、通常級から特別支援、教育療育医療、なんでもありの教育トーク

 

何を隠そう、私maaiコーヒーがお苦手。

だって苦いんだもん。(←)

なので、完全お紅茶派。癖が強い子がお好き

安定のカモミール

 

皆様、思い思いにお紅茶を堪能。

そんな日曜日の午後。

 

いつも話せないことを、話しにくいことを、

ここでなら話せる。

 

そんなホームみたいなところに。

 

ただいまおかえりが溢れる、

安心して居られるところを。

 

これからも、いつだって。

 

ちょっとだけ世界が 拡がったのならば、

そんな時間を ともにできたのならば、

それだけで 嬉しくって。

 

次回のLGBT×教育でまた。

Lism/maai